飲み会で失敗しないコツ

女性客が増えている中で

日本の飲食店事情は最近になって大きく変化してきています。

 

昔は居酒屋や大部分の飲食店は男性客が中心の世界でしたので、女性同士でもっぱらイタリアンやカフェでランチを食べてコーヒーや紅茶を飲むのが殆どでした。

 

しかし、現代の女性は社会においても男性が顔負けするほど仕事にもお付き合いにも積極的で、しかもワインやビールなどの酒類を飲む方が増えております。

 

仕事仲間や学校時代の同窓会も含めての飲み会にもどんどん参加しますし、合コンで飲んで食べて最後にはカラオケで大騒ぎすることもあります。

 

このような女性の社会進出は大いに結構な事ですが、中には飲み会などで失敗する女性も急増しています。

 

折角の楽しいはずの飲み会や仕事仲間との忘年会、仕事上の大切なお客さま接待で失態を演じてしまっては身も蓋も有りません。

 

男性社会では昔は「酒の上の失敗は無礼講」などといって済んだものでしたが、現代社会ではそんな理屈でごまかすことはできません。

 

特に女性のだらしない失敗は、いつまでも「だらしない女」というレッテルを貼られてしまいます。

 

仲間たちと楽しむことは大いに結構なことですが、酒が自分の許容量以上に入りますとブレーキが効かないクルマのように暴走するタイプの方もいます。

 

また「親しき中にも礼儀ありなのに今日に乗りすぎて相手の人の気持に傷をつけるような事を行ってしまったりする失敗もあります。

 

男性社会では若い学生時代から先輩たちに連れられて酒を飲んでは何回か失敗もして学ぶ機会が有ったものですが、女性の場合は社会人になってから急に飲み会などの酒席に出ることが多いので注意が必要です。

アルコールの許容量を知る。

現代社会では女性の社会進出が進んで各種の企業に勤務して活躍し、中には自分で積極的に起業して男顔負けに収入を得ている方も増えています。

 

また、結婚に対しても以前の日本の女性の考え方は大きく変わって良妻賢母型の志向から自立してシングルマザーでも良いという考え方をする女性も増えてきているようです。

 

何れにしても女性も社会生活の中で男性とお同じような行動をするようになっておりますので、仕事の面でも昔のOLのような「受付とお茶くみ」が仕事という形は少なくなっております。

 

従って仕事のためにはお客さまとの商談から接待でも積極的にやりますので、必然的に飲食店などで接待したり、飲み会に出席したりも多くなっています。

 

しかし、男性の場合は若い学生時代から運動部や同好会などの先輩たちに引き回されて飲み歩いて数々の失敗もしていますので酒に対する自分の許容量も分かっている人が多いのですが、女性の場合は社会人になって初めての体験の方が多くなっています。

 

アルコール飲料は各自の体質によっても反応が違いますし、飲んでも自己を失わないで平然と要られるアルコール量には個人差があります。

 

しかも、飲んでいる直後には酔っ払いませんが時間の経過とともに急激に酔が回ります。

 

急激な酩酊状態になりますと人によって様々な症状が現れますので、周囲の人達も困ることが多々あります。

 

症状には「急に自分勝手に喋りだすタイプ」や「喚き散らして泣き出すタイプ」もいれば「異性にベッタリと絡むタイプ」など様々なタイプがありますが、最後には気持ちが悪くなって胃の中の物を嘔吐して失神状態になる方もいます。

 

これでは、せっかくの接待も飲み会もぶち壊しになりますので日頃から自分の「アルコールに対する許容量」を知って節度を保つことが大切です。