飲み会での酒による失敗例

飲み会での酒による失敗例

新年会から始まって新入生の歓迎会、お花見、結婚式の2次会、会社の同僚達との飲み会、同窓会、忘年会などと年間に相当数の酒を飲む会があります。

 

これらのお付き合いは人間関係を広げられますし色々な面で人生のプラスになることですが、酒の飲み過ぎは思わぬ失敗を招くことがあります。

 

折角の仲間や会社関係の人達との人間関係が酒による不覚の為に壊れてしまうことがあります。

 

酒を一切飲まなければそのような心配をする必要はありませんが、上手に適量の酒を飲めれば飲み会の雰囲気を楽しむこともできますし友人たちとの交流にとってもプラスです。

 

自分が酒で失敗しないためには「酒による失敗例」を頭に入れておくと自分に対する戒めになります。

 

隠れ家個室居酒屋 匠-たくみ- 浜松店

 

◆酒の飲み過ぎによる失敗例

 

1, 急に酒が回って気持ちが悪くなってゲロを吐いてしまった。
2, 翌日になって記憶がなくなってどうやって家に帰ったのかも分からなくなっていたので心配で呑み会の友人に聞いたら「お前昨日はかなり酔って周囲を困らせる言動を吐いていたぞ!」・・・と注意を受けた。
3, 酒が回ると「キス魔」になって周囲の人を困らせていた。
4, 駅まで皆と歩いていて千鳥足でフラフラになって皆に迷惑をかけた。
5, 暴言を吐いて周囲を怒らせてしまった。
6, ゲロ吐いた後に失神状態になって救急車で運ばれた。
7, 酔っ払って素っ裸になってひんしゅくを買ってしまった。
8, 大声で一人で喋りまくって周りを困らせた。
9, 酔っ払って上司に文句をつけて困らせてしまった。
上記のような酒の飲み過ぎによる失敗例は数限りなくあります。

 

 

 

大抵の場合、初めのうちは冷静にいられる人も飲む杯数が進む内に急に酔いが回って気ますので自分ではブレーキが効かなくなるのです。

 

その様な失敗経験が自分で分かっていましたら「酒量を自分に取って適量の範囲」でストップする方法を身につけて2度と失敗しないようにする必要があります。