気を使う

気を使う

飲み会で失敗する人の殆どが飲みすぎが原因です。普段あまり沢山お酒を飲むことが出来ない人でも、何となくその場の雰囲気に流されて飲んでしまうのです。そして気が付いたら粗相をしているという結果になってしまうのです。

 

 

 

つまり飲み会でも酔わないようにすれば良いのです。元々お酒が強い人であれば良いのですが、いきなりお酒が強い人になることは出来ませんよね。そういう時にはお酒を注がれるのではなく、注ぐ側に徹すれば良いのです。何となく座っていると、お酒を注がれてしまうことがあるかと思います。是非そんなことにならないように、自ら進んでお酒を注ぐようにしましょう。そして自分のグラスをなるべく空っぽにしないことです。

 

渋谷のチーズフォンデュで人気のお店

 

空っぽにしてしまうと、気がついた人が貴方のグラスにどんどんお酒を注いでしまいます。ですので、お酒を注がせないように、グラスの7分目または8分目までは常にお酒で満たしておくようにしましょう。飲み会では常にホストでいるような気持ちでいると良いかもしれません。常に他の人の事を気遣っておけば、失敗することは少ないでしょう。自分でもてなさなければいけないという気持ちを持っておくと、失敗したくても出来ませんよね。

 

 

 

気を張って周りに気を使う。これが飲み会で失敗しないポイントです。たとえ自分がもてなされる側だとしても、本当のホストは自分だという風に勝手に頭で思っているだけでよいのです。それだけでも十分に効果がありますので、是非次の飲み会の時にはホストになりきってみましょう。