限界を知る

限界を知る

自分がどれだけお酒を飲めるかと言う事を知っておく事はとても重要なことです。今までに何度か飲み会に出席したことがあるかと思いますが、その時にお酒を何杯飲んだ頃に自分が酔っ払ってきて、何杯飲んだ頃に呂律が回らなくなってきたのかと言う事を憶えていれば、飲み会の時にこれ以上飲んだら酔っ払ってしまい、楽しく飲めなくなってしまうといと言う事が分かるでしょう。

 

豊橋にある居酒屋はどこも絶品です!

 

もし予め自分がどれだけ飲む事ができるかというのが分かっているのであれば、そして、自分で飲む量をコントロールすることができるのであれば良いのですが、そうでない場合は、飲み会の仲間にあまり飲めないという事を伝えておくと良いでしょう。そしてその仲間の横に座るようにしましょう。そうするとその仲間が自分の空いたグラスにお酒を注がれそうになったときに、代わりに断ってくれるかもしれません。

 

 

 

自分で断るとなんだか飲み会の雰囲気が壊れてしまうかもしれませんよね。しかし、お酒を注がれた張本人でない人が変わりに「この人お酒飲めないんですよ」とフォローしてくれたらその場もしらけずに済みますよね。

 

 

 

お酒ういう飲めない人や、自分でお酒の飲む量をコントロールできない人は、是非誰かの協力を得て飲む量を控えるようにしましょう。飲み会はお酒を上手に飲む事が出来れば楽しい宴会になりますが、一歩間違えれば友情が壊れてしまったり、商談が破談したりしてしまう可能性があります。そのため、お酒と上手に付き合って楽しい飲み会にするようにしましょう。