お酒を飲んでもむくまない方法

お酒を飲んでもむくまない方法

飲みすぎた次の日に目も当てられないような顔になることがあるとおもいます。疲れきった顔や、むくんだ顔です。お酒が好きで飲み会にいったのなら、まだ納得できるでしょうが嫌々つきあわされた飲み会などの次の日にそういった体調不良などがあると、うんざりとする人もいるでしょうね。

 

ですがこういった事はお酒をどういうふうに飲むかや、食事の仕方などでずいぶんと顔のむくみを軽減できるのです。

 

顔のむくみはまんまですが水分が体内に溜まっているためです。体内にアルコールが溜まると、その濃度を下げようと水分を排出しないようになります。酔ってしまうと適切な濃度に保てなくなりこういったおかしなバランスになってしまいます。

 

そして横になるということが、これに拍車をかけます。こういう状態にならないようにしなければならないのは、大きく分けて二つですね。

 

まずは当然ですが酒量を下げるということです。上記のアルコール濃度を下げるために水分が必要と書きましたが、そのために水分をとろうと喉が乾いてくるのです。こういった状態の時にお酒を飲むと悪循環に陥ります。そのお酒に入っているアルコールのせいでまた喉が乾くのです。

 

 

こういうふうにならないようにするには、水を横においてそれを飲み喉の乾きを癒しましょう。

 

カリウム、タウリンなどの入った食材を取るといいでしょう。カリウムはパセリやアボガド、トマトなどに入っています。タウリンはイカ、あさりなどに入っています。

 

こういった事を積み重ねていけば、お酒を飲むこと自体が嫌いになるという事は避けられるでしょう。
お酒を自分なりに楽しめるようになったら、B/65536の様なスポーツバーに行って楽しむのもいいかもしれませんね♪