二日酔いにならないコツ

二日酔いにならないコツ

せっかく居酒屋の飲み会で楽しい時間を過ごしても、
翌日頭が割れるように痛い、胸がムカムカして気持ちが悪い。
そんな二日酔い状態で過ごすのは嫌ですよね、
赤坂の個室居酒屋で飲む度に具合を悪くするのは勿体無いですよね。
では、二日酔いにならないコツを紹介したいと思います。

 

二日酔いにならない方法は、いくつかあります。
まず、お酒を飲む前に必ず水分補給を行いましょう。

 

夏の暑い時なら尚更、
喉がカラカラに乾いた状態で飲むビールの、
最初の一口が至福なんて人もいるかもしれません。

 

また、お酒を飲むとトイレが近くなってしまうので、
なるべく水分は控えておきたいという人もいるでしょう。

 

しかしその良かれと思ってした行為が、
逆に二日酔いの原因となってしまっているのです。

 

アルコールには利尿作用があります。
お酒を飲むとトイレが近くなるのはそのためです。
そして身体から水分がどんどん排出されてしまうため、
知らぬ間に脱水症状になってしまっているのです。

 

二日酔いの頭痛や吐き気なんて、
まさに脱水症状の症状が原因だと言えます。

 

お酒であれだけ水分を摂取しているのに、
脱水症状になっているの?と驚く人もいるかもしれません。

 

しかしお酒は飲めば飲むほど喉が渇き、
また利尿作用が高まるため、
脱水症状になりやすくなります。

 

また空腹の状態でお酒を飲むと、
胃の粘膜に大きなダメージを与えてしまいます。
これが二日酔いの、胃のムカムカの原因となってしまいます。

 

そのため胃への負担を減らすために、
飲む前に、食べる事が二日酔いの予防となります。

 

飲んでいる最中の二日酔い対策は、一気に飲まずに、
ゆっくり飲む事、そして飲み過ぎない事です。

 

人によって適量が異なりますから、
人のペースに合わせずに、
自分の限界値を超えない事が大切です。