注ぎ上手になれ!

注ぎ上手になれ!

社会人になりますと様々な種類の飲み会に誘われる機会が増えます。

 

会社に勤務している方々には同僚との親睦会や、新入社員の歓迎会もありますし転勤や退社する方のための送別会もあります。

 

仕事の内容や立場によっては大切なお得意様との商談を兼ねた接待もありますし、見込み客に近づいて新規の仕事を獲得するための接待会も行われます。

 

このような飲食を伴う会で酒を飲み過ぎて予期せぬ失敗をして後悔するは目になっている方も多くいます。

 

https://r.gnavi.co.jp/95rh7vu90000/

 

酒を自分の許容量以上に飲み過ぎると誰でも酔って言動がおかしくなったり、奇異な行動に走る人も出て来ます。

 

また、一気にアルコールがまわって気分が悪くなって嘔吐したり失神状態になる人も時にはいます。

 

自分の酒に対する許容量を知らないで、このような失態を演じてします前に自分にブレーキを欠けられる強い意志があることが大切ですが、往々にして酒が適度に回ってきますとブレーキが効かなくなるのが人間の弱いところです。

 

 

 

このような事にならないようにするためには、飲み会に於けるいくつかの方法が有りますので頭に入れて気をつけて飲み会に望んでください。
◆飲み会で飲み過ぎないようにする方法「注ぎ上手になれ!」

 

これは酒を相手に上手に勧めて「注ぎ上手」になることで、自分に継がれる機会を少なくする方法です。

 

特に人数が多い飲み会でしたら「久しぶりです。注がせて下さい。」等といって次々に注いで回りますと、相手に好印象も与えられますし自分に注がれる機会を少なく出来ます。

 

但し、この場合には決して自分のグラスや杯を持って歩かないことです。

 

 

 

もし、相手から勧められても「一周りしたら後でお願いします。」と言って次に回るのも良い方法です。