お酒のいい点、悪い点

お酒のいい点、悪い点

飲み会で失敗したくないのですから当然アルコールについて詳しくなっておくべきでしょう。今回は飲酒自体について考えていきましょう。酒量が少ない場合、百薬の長のなどと言われる場合がありますが、具体的な適量というと思い浮かびませんね。

 

お酒によってアルコールの度数は違いますから、お酒ごとに考える必要があります。アルコールを飲むと血小板が働きが弱くなるのです。これだけ見るとデメリットですが、脳梗塞などの血栓で病気になるようなものにはいい効果を与えます。

 

血栓ができずに欠陥がつまりにくくなるのです。アルコールのいい効果というと、いいコレステロールが増えたりします。体の端まで暖まりますし、冷え性になりにくいですね。体意外にも精神的に気分がよくなり、人と騒げることで友人が増えます。

 

もちろん飲みすぎれば消化管などに負担をかけますし、血圧なども上がります。お酒と一緒に食べるおつまみも、食べすぎれば体に悪いものが多いのでよくありません。

 

死亡率に関しても酒量によって違ってきます。日本酒ですと四合を越えた辺りから死亡率が上がっていくのです。また日本人は半分がお酒に弱いた資質ですから、こういった人が無理矢理飲んでも健康にはなれないでしょう。アルコールは異で吸収されるパーセンテージが少ないのです。

 

二割以下でしょうか。水分は異で吸収されますからビールなどは、度数が少ないため大量に飲めます。だからといってビールも飲みすぎは行けませんが、飲み会などでどうしてもお酒を飲まなければいけないのならこういったものを飲みましょう。