口実を作ろう

口実を作ろう

お酒の場で失態をしてしまったという経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか。お酒の場での失態はひどい場合自分で話したことや行った事を全然覚えていないにも関わらず、された本人は良く覚えているという事です。

 

ゑびす鯛

 

お酒を飲んでしまうとどうしても思考回路が普段の様にはまわりませんので、注意が必要です。と言っても、社会人になると学生時代のような飲み会とは違い、飲み会が接待の場になったりしますので、大事なお客さん等からお酒を勧められたりして断り難いという状況も多々あるかと思います。飲みすぎないようにと自分自身に言い聞かせてもなかなかその場を盛り上げようとしたりしてしまってついつい飲んでしまうんですよね。お酒の失敗で一番多いのが、人から勧められたお酒を断ることが出来ないというケースです。確かにお酒を断って場の雰囲気がしらけてしまうと、申し訳ないような気になりますよね。

 

イタリアンのお店をお探しならBEONE 〜ベオーネ〜 横浜店

 

そこで上手にお酒を断るようにすれば良いのです。例えば、明日健康診断があって、飲みたいのはヤマヤマなのですがどうしても飲むことが出来ない、という口実も良いかもしれません。また血糖値が高いやガンマGTPが高くお医者さんからお酒を控えるように言われていると言うのも良いでしょう。そこまで言われてお酒を無理に注いで来ようとはしません。上手にお酒を断ることを覚えておくと、お酒を飲みすぎて失態を犯したりすることはありません。

 

 

 

今度の飲み会では何か口実を作ってお酒を注がれたらやんわりと断ってみても良いかもしれませんね。