お酒に飲まれるな

お酒に飲まれるな

飲み会でついつい飲みすぎて、そしてついつい余計な事を言ってしまい、相手の事を傷つけたりしてしまったことありませんか。こちらとしては酔っ払っているから何となくの「ノリ」で話してしまったことでも、相手は面白おかしく受け取ってくれない場合があります。

 

岐阜にあるおすすめの個室居酒屋

 

後で後悔してももう遅いなんていう事にならないように、飲み会ではゆっくりと飲むことが大切です。最初からピッチを上げてがぶがぶ飲んでしまうと、気が付いたらろれつが回っていないなんて言う事になりかねません。ゆっくりと時間をかけてお酒を飲むようにしましょう。そしてこれ以上飲んだら余計なことを話してしまいそうという事を気が付けるようにしましょう。一緒に飲んでいる相手にお酒を勧められることがあるかと思います。

 

https://r.gnavi.co.jp/f389409/

 

仲の良い友達であれば断ることが出来るかもしれません。しかし、会社の上司や取引先のお客さんの場合なかなか勧められたお酒を断ることなんてできませんよね。そういう時はグラスにお酒を注いでもらい、ゆっくりとチビチビと飲むのです。お酒を飲んでもお酒に飲まれるなとよく言いますが、まさしくその通りなのです。お酒をどのくらい飲めるかという限界を自分で知っておくことが大切です。例えばビール2本以上飲んだら酔っ払うということが分かっているのであれば、2時間の飲み会で2本を飲むと決めてゆっくりと飲んでいきましょう。

 

 

 

また初めから沢山飲むと、周りから飲める人と思われてしまい、どんどんお酒を注がれてしまう可能性もありますので、何よりゆっくりとお酒を飲むことが大切なのです。