接待飲み会を失敗させないために

接待飲み会を失敗させないために

ひところの景気が上向きの時代には各企業とも交際費を使用して、お得意様や見込み客を接待して新規の受注を増やそうとしたものです。

 

しかし、リーマンショックが世界の経済に大打撃を与えてからは、各企業は急速に交際費の限度額を引き下げて経営の立て直しを計りました。

 

きたいち酒場梅田店ならこちらです。

 

企業によっては一切の交際費を使っての販売促進を禁止するところも出て来ました。

 

しかし世の中の経済活動というものの根源は人間関係が最も基本になっていますから、同じ価格で同じレベルの製品を購入するなら人間的に信頼がおける親しい企業に発注したくなるのは人間の当然の心理でしょう。

 

 

 

ですから、いかに経済が冷え込んでも接待というものが完全になくなるということはありませんので、接待場所や接待予算を変えて一般的な飲食店で安い価格で行なう接待はあります。
このような時代には、接待される側も高級なところは敬遠しますので居酒屋などで気楽な接待なら受けるということになります。

 

接待場所は安い価格帯のところに変わっても、大切な目的である接待を成功しなくては意味がありません。

 

価格は安くても、それなりのポリシーを持っていて喜ばれる雰囲気の店探しが重要ですが、最も大切なことは接待する側の気持ちが伝わらなければ逆効果にもなります。

 

 

 

結局は人間による気持ちとサービス精神が重要ですので、先方の気持ちになって「目配り・心配り・気配り」というサービスの基本が大切です。

 

一方、お互いに気持ちが触れ合う折角のきかいですから親しさをにじませる事も大切ですが、親しくしすぎて礼を欠くような言動は慎まなければなりません。

 

特に酒が入りますと、つい気が緩んで軽はずみな事を喋ったりする事があり、返って相手の気分を害してしますという失態も見受けられます。

 

ですから、接待時には相手に酒を上手に次ぐことは必要ですが自分たちが飲み過ぎることがないような節度を厳守しなくてはなりません。