お風呂に入ろう

お風呂に入ろう

クリスマス会、忘年会、新年会、歓送迎会など私達は一年間を通して飲む機会が沢山あります。
そんな時期になると二日酔いに悩まされたりする人も多くいるのではないでしょうか。

 

 

 

そんな二日酔いを少しでも早く解消するためには、とにかく汗をかくことが大切です。
ぬるめのお風呂に長時間浸かるか、サウナに入ったりして汗を大量にかくと二日酔いが軽減します。
アルコールが体の中に入るとアセトアルデヒドという物質に分解されます。

 

居酒屋本陣

 

通常であれば、二酸化炭素と汗や尿になって体外に排出されます。
しかしアセトアルデヒドの分解が間に合わない程の大量のアルコールを摂取してしうと、頭痛や吐き気などといった二日酔いの症状を引き起こしてしまうのです。
お風呂に入ったりすれば汗をかき、体の代謝を早めて体の中のアセトアルデヒドの分解が早くなります。
しかし、泥酔したままお風呂に使ってしまう事はとても危ない行為ですので、絶対に辞めましょう。

 

居酒屋本陣の食べログページ

 

もし泥酔している場合であれば、水分を沢山摂取するようにしましょう。
二日酔いの状態は身体に水分が不足している状態なのです。
アルコールの利尿作用によって体内の水分が排出されて脱水症状状態になっているのです。
脱水症状を和らげるためも、そして胃酸を薄めるためにもお水やお茶等で水分を補給することが、二日酔いの良い対策だと言えるでしょう。
二日酔いにならないようにためにも、飲んでる最中からお水を沢山摂取することも大切です。アルコールと上手に付き合って二日酔いの無い楽しい飲み会にして下さい。