酒を適量でストップするには

酒を適量でストップするには

楽しいはずの仲間たちとの飲み会大切なお客さまとの接待会などで酒を飲み過ぎて失敗して人に迷惑をかけてしまうことや、お客さまの気分を損ねてしまうことがあります。

 

世の中には酒の上の事とはいえ取り返しがつかない失敗もあります。

 

お酒いうものは怖いもので、最初のうちは自分でも大丈夫と思って飲んでいる内に酒が聞いてきて気分が良くなってきますと止まらなくなることが往々にして起きるのです。

 

その内にアルコールの血中濃度が一定量以上になりますと一気に酩酊状態になり、様々な症状が出て来て人に迷惑をかけてしまうことや怒らせてしまうこともあります。

 

飲み会に出席するときに、その様な事態に陥らないために幾つかの注意点がありますので参考に記します。

 

新宿 居酒屋 個室 れんま

 

◆酒を飲み過ぎないために

 

何と言っても自分自身に「飲み過ぎないように」戒めること大切ですが、酒での失敗例を見ますと人から勧められる内に飲み過ぎになるのが一番多くなっています。

 

酒を注がれそうになったら相手の気分を害さないために断る便法として「医者から血糖値が要注意になっていますので失礼します。」など体のせいにする方法も利口な方法です。

 

大切な接待客の場合にはお客さまに対しては「注ぎ上手」になって酒を注ぐ事が大切です。

 

注いでいる間は自分が飲むことはできませんので自然に自分の酒量は減ってきます。

 

美羽

 

また「飲んでいるふり」も大切で時々酒の杯やグラスに口をつけていると相手の人達からは飲んでいるように見えます。

 

焼酎杯やウイスキーの水割りは人の分を作ってあげる側に回って、自分の分には焼酎の代わりに水やジュースを入れたり、ウイスキー代わりにウーロン茶をウイスキーに見える程度に水で薄めてウイスキーの水割りに見えるようにします。
もし、自分が接待する側でしたらお店の方に「自分の分はビールくださいと言ったらノンアルコールビールをグラスに入れて持ってきて下さい。」やウイスキーの水割りやチュウハイも上記のような酒が入ってない物を持って来るように予めお願いしておくのも利口な方法です。